パワーレジン

塗り替えのタイミング

塗り替えのタイミング

外壁塗装を行う
タイミングの見極め方

いつも暮らしている住まいの外壁を点検してみましょう。塗装がキレイなまま保たれていればいいのですが、よく見ると塗装が剥がれてきていたり、ひび割れや変色などが起こっていたりすることもあります。目視して明らかな劣化が確認できる場合、塗り替えが必要なサインかもしれません。

外壁塗装は一般的に施工から10年前後が塗り替えのタイミングとされていますが、使用した塗料の耐用年数や環境によって前後します。劣化が気になるようでしたら、横浜市を中心としたエリアで外壁塗装を行う「パワーレジン」にご相談ください。

塗り替えのタイミングを
逃さないために

外壁塗装の寿命は、使用する塗料や周囲の環境によって大幅な差がありますが、一般的に10年前後とされています。ただし、どんなに良い塗料を使っていても、周囲の環境や施工技術などによってはすぐに塗り替えが必要になってしまうケースもあります。

適切な塗り替えのタイミングを見極めるためには、外壁の状態を定期的にチェックして劣化の状態などを把握しておくことが重要です。

外壁塗装の劣化サイン

汚れが目立つ 変色している 白い粉がつく
汚れが目立つ 経年劣化が進んで塗膜の効果が弱まると汚れが目立つようになります。 変色している 紫外線を浴び続けることで退色すると、防水・防汚機能も低下します。 白い粉がつく 塗料が劣化すると、成分が分離して白い粉として付着します。この状態を「チョーキング」と言います。
コーキングの劣化 金属部のサビ
コーキングの劣化 目地部分を埋めているコーキングやシーリングに亀裂が入ると、雨水などの侵入が始まってしまいます。 金属部のサビ 金属を使用した材料には防錆処理がほどこされています。その金属にサビが出ているということは劣化の合図です。

耐用年数に合わせた塗り替えを

目視して塗装の劣化が見られる場合は、できるだけ早めに塗り替えを検討する必要があります。耐用年数を過ぎても劣化が抑えられている建物もありますが、塗り替えなくてもいいというわけではありません。

劣化が目視できる状態まで進んでいる場合、雨水や紫外線の侵入によって建物自体にまでダメージが及んでいる可能性があります。そのため、劣化していなくても耐用年数に合わせた塗り替えをおすすめします。

塗装のことならなんでも
お気軽にお問い合わせ
ください!

03-4567-6516

営業時間

9:00-18:00